初心者にも分かるiTunesの使い方

iTunesでMP3に変換

iTunesに音楽を入れる


iTunesMP3に変換する方法です。
[編集]メニューの[設定]を選択します。

iTunes[編集]メニューの[設定]からMP3選択

[一般]タブの[インポート設定]をクリック

iTunes[一般]タブの[インポート設定]からMP3選択

[インポート方法]でMP3 エンコーダを選択して[OK]

iTunes[インポート方法]でMP3 エンコーダを選択

変換したい音楽を選択して右クリックしサブメニューを表示します。

iTunesで音楽データをMP3に変換する

iTunesでMP3に変換する方法

上記、画像のように「MP3バージョンを作成」という項目を選択。

iTunesで形式を変更すると重複曲が現れる

iTunesでエンコード変換をすると同じ曲が2つできます

取りあえず一曲だけ変換してみて「成功」かどうかの確認をしてみます。
元の音楽ファイルを選択して右クリックからプロパティを選択。

iTunesのプロパティで形式を確認

※AACからMP3へ変換した時の例です。
元のファイルを選択してプロパティみます。
元ファイルのファイルサイズを調べます。
例ではAACファイルで「8.9MB」になっています。

同様に変換後を調べます。
変換後のプロパティを調べます。
例ではMP3(MPEGオーディオ)ファイルで「5.5MB」になっています。

ファイルサイズが小さくなっていればひとまず「成功」と考えて良いでしょう。
エンコードしたファイルは音を間引くことでファイルサイズを小さくしています。
一旦間引かれた音はエンコード(ファイル形式)の変更をしても戻ることはありません。
つまりファイルサイズが大きくなった場合、音は良くならない(むしろ悪くなる)のにファイルサイズが大きくなってしまった場合は、ある意味「失敗」と判断してCDから曲をインポート(エンコード)した方が良いでしょう。

変換した曲を聴いてみて音質に問題ないと思えば他の曲も変換を続けても良いと思います。
音をチェックする場合はPCで再生するよりもイヤホンを通して聴いてみた方が分かりやすいと思います。
※今もっているイヤホンで音をチェックして「問題なし」と思っていても、ヘッドホンやイヤホンを変えた時に音質に問題を感じることがあるかもしれないのでできるだけCDからエンコードし直す事をお勧めします。

一曲聴いてみて「問題なし」と判断したら複数の音楽を選択し、右クリックすれば一括で変換できます。

不要になった元の音楽はキーボードの[Delete]ボタンで削除しましょう。
一緒に保存しておいても良いですがHDの容量が・・。

[編集]メニューの[設定]項目[詳細]タブで「[iTunes Music]フォルダを整理する」にチェックが入っていた場合、「iTunesで曲を[Delete](削除)」=「ファイルの削除」になるので

iTunesの設定画面

iTunesで削除したい曲を選択し[Delete]キーを押すと
iTunesで曲を削除=iPodからも曲を削除
「iPodと同期しているのでiPodからも曲が削除されるが良いか?」というアラートが出て

iTunesで曲を削除
続いて「ファイルをゴミ箱に捨てて良いか?」というアラートが出ます。
元ファイルか形式の変換後のどちらかのファイルが残っていれば捨ててしまって構わないと思います。


mixiチェックに追加
Googleブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Facebookに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
livedoorクリップに追加
newsingに追加