初心者にも分かるiTunesの使い方

既に変換された音楽データをiTunesに追加する

iTunesに音楽を入れる


既にMP3やAACに変換された音楽データをiTunesに変換する方法です。
PCを新しく買い換えて、曲のデータを外付けのHD(ハードディスク)やフラッシュメモリに入れてある場合や、友達に音楽データをもらった場合の失敗しない追加方法です。
※著作権を保護された音楽データはもらってはいけません。

基本的にiTunesで再生できる音楽形式(mp3、mov、mp4、wma、wmv、apple ロスレス等)であれば、そのファイルやファイルが入ったフォルダをドラッグ&ドロップすればiTunesに追加できます。

iTunesに音楽データをドラッグ&ドロップ

iTunesにドラッグ&ドロップで音楽データをインポートする

ただし、次の点に注意してください。
外付けのHDやフラッシュメモリに入っている音楽ファイル(フォルダ)をドラッグ&ドロップしてiTunesで曲を管理する場合・・

外付けHD等からiTunesに曲を追加する注意点

外付けHDやフラッシュメモリから曲を追加する

iTunesはPCにある「iTunes」フォルダの中にある曲はアーティスト別・アルバム別に自動整理する機能を持っていますが、それ以外の場所にある音楽ファイルは、音楽ファイルのある場所を覚えておく事しかできません。

ですので外付けのHDやフラッシュメモリを外した場合、iTunesが音楽ファイルを見つけられず再生ができません。
外付けHDやフラッシュメモリを外すと曲を見つけられない

外付けのHDやフラッシュメモリから曲をiTunesに取り込んでしまい、外付けのHDやフラッシュメモリを外した場合は下記のように曲の先頭に【!】マークが付き再生ができません。

iTunesで音楽が見つからない

iTunesで曲ファイルが見つからない場合

こんなことが起こらないようにするには「編集」メニューから「設定」項目を選択してください。
編集メニューの設定を選びます

「詳細」を選択し「ライブラリへの追加時にファイルを「iTunes Music」フォルダにコピーする」にチェックを入れます。

iTunes Musicフォルダにコピーする

ライブラリに追加時にコピーするをチェック

そうすると曲をライブラリに追加する時に「iTunes」フォルダに音楽がコピーされるので外付けのHDやフラッシュメモリを外しても問題なく再生ができるようになります。

mixiチェックに追加
Googleブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Facebookに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
livedoorクリップに追加
newsingに追加