初心者にも分かるiTunesの使い方

CDを入れた時の動作を設定する

iTunesに音楽を入れる


iTunesにCDから曲を入れてみる(インポートする)前に、インポートの設定をします。
iTunesの【編集】メニューの【設定】項目を選択します。
※メニューバーが表示されていない場合は「iTunesにメニューバーを表示」を参照してみて下さい。

iTunesの設定画面を開く

iTunesでCDインポート前に設定すること

iTunesの設定ウインドが開いたら、【一般】アイコンを選択します。

一般設定からCD挿入後の動作を決める

iTunesでCDインポート。設定→一般

・CDを表示
・再生を開始
・CDのインポートを確認
・CDをインポート
・CDを読み込んで取り出す
を選択することができます。

悩んだら「CDのインポートを確認」するのが良いと思います。

次に右側にある「インポート設定」をします。

CDからインポートする際のフォーマットを設定

iTunesでCDインポート。設定→MP3

AACエンコーダ、AIFFエンコーダ、Appleロスレスエンコーダ、MP3エンコーダ、WAVエンコーダの音声のフォーマットを選択します。

他のプレイヤーでの再生の可能性があるのであればAACMP3WAVが良いかと思います。
※Macでの再生や共存も考えるのであればAAC、MP3が良いかと思います。
AACはファイルサイズが軽い割りに音が良い
MP3は汎用性が高く音が良い
元々、携帯用の音楽プレーヤーをMP3プレイヤーと言っていた事も含めて考えると(個人的には)[MP3]が無難な気がします。

次に音質を選びます。
※MP3を選択した際の例です。

CDからインポートする際の音質を設定

iTunesでCDインポート。設定→MP3

標準音質で良ければAAC、良音質以上を望むのであればMP3を選べば良いと思います。
そうは言いながら、いずれ良いヘッドホンやイヤホンに変えたいと思っている私はmp3形式で「高音質」にしていますが・・。
※実は付属のイヤホンから3,000~5,000円くらいのイヤホンに変えるだけでも全然、音が違います。
※ちなみに一旦「標準音質」でインポートしたファイルを後々「高音質」に変換しようとしてもファイルサイズは大きくなっても、欠落した音は元に戻りません。
※パソコンに接続している音響(スピーカー)の能力やiPod付属のイヤホンで音楽を聴く場合は「標準音質」で問題ないと思います。


mixiチェックに追加
Googleブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Facebookに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
livedoorクリップに追加
newsingに追加